私を成長させてくれた

娘の個性の輝き

 

成長の速い長女と比べて、

次女のゆっくりとした発育に不安と焦りを感じる毎日──。

二人の娘の違いこそが、

自分を育てる種なのだと気がつくことができた

お母さんの体験記です。

 

吉田明美さん(仮名)(神奈川県)・沙織ちゃん(仮名)

 

どうしてこうも違うの?

 

 私には二人の娘がいます。長女の真美は発育がよく、子育てには多少の自信も持てていました。ところが、二歳年下の沙織が成長するにつれ、上の娘のときとは様子が違っていることに気がつきました。

 (オムツがなかなか取れない。もう、言葉を発してもいい頃なのに……)

 しかも、一歳の誕生日を迎える頃には、激しい引きつけの発作が起こりました。それも、一日に何度もです。

 医師の説明では、「脳波には特に異常は見られませんが、癲癇(てんかん)の疑いがあります」ということでした。

 (なんで、うちの子がこんな目に遭うの……)

私は、不安の波に飲み込まれてしまいました。

 

 

子育ての迷い

 

 幼稚園に行く頃になっても発作は治まらず、年中になると、幼稚園から「沙織ちゃんは単語しかしゃべりません。言葉が少し遅いようです」と言われました。毎年身体検査をうけている専門機関で調べた結果は「いちばん言葉を覚える時期に、頻繁に発作を起こしたためか、一年ほど知能の遅れがあるかもしれない」ということでした。

 (沙織はいったい、どうなるのだろう……。)

 将来を思うと、不安でなりません。

そんな沙織が、いじめられて泣いて帰ると、「かわいそう」と思う反面、(このままではいけない、しっかりさせなければ)という気持ちが強くなり、つい叱ってしまいます。

 「どうして思っていることを、お姉ちゃんみたいに、きちんとしゃべらないの。だから、いじめられるのよ」

 沙織は、私の厳しい言葉を浴びて、涙を流していました。

そんなある日、「幸福の科学の親業研修、とっても良かったから、お姉さんも参加してみたら?」と、妹から幸福の科学の精舎研修を勧められました。

 私は、何か道が開けるかもしれないと思い、早速、研修に参加してみたのです。

 

 

私の選択 

 

 すぐに、私の決意が試される機会が訪れました。

昨年春、沙織がもうすぐ一年生を迎えるというある日のことでした。就学時検診の際、「特殊学級に入れてはどうか」という意見があったのです。

 夫からは、「沙織はできるよ。大丈夫!」沙織の可能性を確信した言葉が返ってきます。

 (そうだ。心配する前に、どうしたら沙織の可能性を引き出していけるのかを考えてみよう!)

 こうして、沙織は、普通学級に進みました。

そして昨年暮れには、沙織のクラスの、あるお母さんから声をかけられました。

 「うちの子が、『沙織ちゃんは人の悪口を絶対に言わないし、私が困っていると助けてくれるのよ』と言っているんですよ」

 沙織の優しい性格がちゃんと認められていることが分かり、とても嬉しかったです。

 

 

親子で明日を創ろう!

 

 現在の沙織はよくしゃべり、私のために一生懸命お手伝いをしてくれます。活き活きとした沙織の横顔を見ていると、いとおしさがこみあげます。

 と言うよりも、沙織のもともと持っていた良さが、見えるようになったのかも知れません。

 今年一月、長女の真美が頑張っているマーチングバンドの大会がありました。

 見に来ている家族のほとんどは、自分の子どもたちの演奏が始まるときに、一斉に声を上げて応援していました。でも、私は何となく恥ずかしくて黙っていました。すると沙織がこう言ったのです。

 「お母さん、お父さん、今度はお姉ちゃんたちの番だよ。一緒に『頑張ってー』って言おうよ!」

 沙織にうながされた私たちは、思いっきり叫びました。

 「頑張れー、ファイトー!!」

 (私たち家族が、ひとつになっている!)

 この日「親子で心を磨き合う日々が、いつしか家庭ユートピアへとつながるのだ」と、私は心から確信できたのです。