「親子の縁」を学んで、

長女の個性を理解できるように。

 

自分の子供なのになかなか性格がつかめない……。

そんなふうに悩みながら

子育てをしていたお母さんの体験をご紹介します。

 

坂下 裕子さん(仮名)(千葉県)・未来ちゃん

長女のことが心配だった私

 

 幼稚園生の頃、未来を見て私はちょっぴり不思議でした。周りの子たちと行動の仕方が少し違うのです。なんでも興味を持てば、すかさずワーッと駆け寄るような無邪気な時期に、未来はとても控えめで、たいていみんなより遅れて行動していたのです。

私は、自分の育て方がよくないのではないかと悩みました。

それに、未来が、スピードの速い現代社会についていけるのかが心配でした。

 私は、気が短くすぐにイライラして「早くしなさい」とよく怒っていました。

 二歳下の妹・美彩子が幼稚園に入園すると、未来の遅さがますます目立ちました。二人は対照的で、妹は毎朝の通園の準備もテキパキと済ませます。それだけで、下の子のほうがいい子に見えてくることもありました。

 私は、「人間は生まれる前から魂の個性を持っている」と、幸福の科学で学んでいました。次女の美彩子の個性は自分との共通点が多くて分かりやすいのですが、長女の未来の性格は分からないことばかりです。

 「どうしてそうなの?」不安な気持ちが絶えませんでした。

 

親子で似ている魂の傾向性

 

 未来が小学校に上がり、しばらくすると、担任の先生からこう言われました。

「未来さんは、そばに行って名前を呼んで、何回目かでやっと気がつくことがありますね」

私はその話を聞いて「先生に失礼だ」という思いで頭がいっぱいになりました。

「呼ばれたら、返事しなきゃだめでしょ!」

怒られた未来はしゅんとしていました。

 ところがある日、私が主人に声をかけると、主人も何度目かでやっと反応したのです。

(そういえば主人も、前からそうだわ……)

「呼んでいるんだから、返事してよ」と私が言うと、

「えっ? ぜんぜん気がつかなかった……」と主人が言うのです。

「それじゃあ、未来も?」

 私は、聞こえているのに返事をすぐにしないのは失礼だと思っていました。しかし主人は、集中していて本当に聞こえていないというのです。

 私は、幸福の科学の教えを一つ思い出しました。

親子は似ている者同士で、生まれてくる前に「親子の縁」を結んでいる――。

(未来は、主人に似ている魂なんだわ)

 未来の個性を知る手がかりが、ここにあるような気がしました。主人は私に言いました。

「仕事も勉強も、集中することで成果が出るんだから、すごく大切なことだよ。無視しているんじゃなくて、ホントに聞こえてないんだから、未来をそんなに怒っちゃだめだよ」

研究者として立派に仕事をしている主人の言葉には説得力がありました。私は、それ以降、未来がすぐに返事をしないことについてイライラしなくなりました。

 

 

「どうして分かるの!?」 

 

 未来は、二年生、三年生と成長していっても、じっくり考えながら行動するパターンに変わりはありませんでした。それが未来の魂の傾向性なのだと理解していたものの、私は時折、不安になりました。

 (この子は、このままで大丈夫なのかしら……)

 私は悶々と悩んでいましたが、主人は違いました。主人には未来の考えが分かるのです。例えば、未来が三年生のときのことです。算数の問題で二桁の数字をいくつも足していく計算があり、解くのにずいぶん時間がかかりました。心配して主人に話してみると、主人は、未来がどうやって計算しているのか、本人に聞かなくても分かってしまったのです。未来は、15と25で40を作るなど、ちょうど10ずつのまとまりになるような数の組み合わせを、探しながら計算していたようです。

 私は、どうして主人が聞かなくても分かったのか、不思議でなりませんでした。

 「ぼくもそうだったからね」

 (そんなところも似てるの?)

親子とはいえ、傾向性がここまで似ているものなのかと、私はとても驚きました。

 よくよく聞いてみると、未来のいろいろなところが主人の子供時代と似ていました。また、主人は小学生半ばまで勉強がよくできなかったけれど、高学年になってから成績が伸びてきたと言います。

 私はそれを聞いて、未来のことをもう少し長い目で見ていこうと思えるようになりました。

その後は、主人にも、未来の勉強をできるだけ見てもらうようにしたり、

 「あなたは小さい頃どうだったの?」

 と主人に聞いて参考にするなど、していきました。

 

  

私の考え方が変わった 

 

 私は主人のおかげで、未来の個性を理解しやすくなりました。けれど、周りの子より遅いことを、未来自身も気にするようになり、私も困ったものだと思っていました。

 三年生の冬、未来は学校で版画の年賀状を作りました。たいていの子は、一人あたり十五枚ほど刷って持ち帰りました。けれども未来はたったの二枚でした。そのうち一枚は提出用だったので、手元には一枚だけです。

 「これじゃあ、両方のおばあちゃんにも送れないじゃない! 彫るのが遅いからよ」

 「ごめんなさい……」

未来はうつむいて黙っていました。

 ところが数日後、その未来の版画が、校内の美術コンクールで金賞になったのです。

 私はとても後悔しました。

 「怒ってごめんなさい。悪かったわ」

 「うん、いいよ」

 未来はサラッと答えました。

 (時間はかかったけど、いい結果だった)この経験で、とにかく速いほうがよい、という私の考え方が変わり始めました。

 その後、未来は四年生になると、学力テストなどで安定してよい成績を取れるようになりました。集中してこつこつ勉強している未来の努力の賜物だと思いました。

 私は、じっくり考えながら真面目に取り組む未来の個性を「素晴らしいものだ」と思うようになりました。

 未来も、「努力を続けていれば、それなりの結果があるのだ」と分かったようです。

 未来は今、五年生です。集中しすぎて困らないように、時折周りを見るようにしていると言います。自分の魂の特徴を知ることで、自分で気をつけることがようになってきました。

 子供の個性を輝かせ、親子ともに社会に貢献できることを目指して、幸福の科学の教えを学びつづけてまいります。